• ホーム
  • 広陽防災品質
  • 業務のご紹介
  • 点検・施工実績
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ

よくあるご質問

消防設備点検にかかる費用はどのくらいを目安にしたらよいですか。

消防用設備には、大きく分けて≪消火設備・警報設備・避難設備・防火設備≫とあります。
規模の小さな建物であれば数千円から、また大きな建物になりますと設備の種類によって費用が大きく異なります。漠然と点検をお考えの方も、お問い合わせいただければスタッフが丁寧にお答えいたします。

ビルの地下に店舗を借りました。
消防設備の点検、または必要があれば改善なども消防法に沿って一式正しく行っていただけるのでしょうか。

店舗の面積とどんなことをされるのか(業務内容)を教えてください。
今ある設備以外にも新しく設備が必要かどうか等、判断してお答えいたします。

ビルを譲り受けたのですが私自身は遠方に住んでいます。
そのような場合でも、消防設備の点検・施工・管理やアフターフォローなどお任せできますか。

お客様のような遠方の方も多くいらっしゃいます。
当社にお任せいただければ確実に点検・施工を行いますので、お気軽にお問い合わせください。

住宅用火災報知器の設置が義務化されたと聞きました。
機器と取り付け費用含めてだいたいどのくらいの費用がかかりますか。
また、取り付け工事のみも行っていただけるのでしょうか。

1個当たり4,000円〜5,000円くらいです。しかし、取付個数によって、また種類もホームセンター等で販売されているもの以外にもいろいろなタイプがあります。お気軽にご相談ください。
もちろん取り付けも適切な場所に確実に設置いたします。

消防署から指導を受けました。
至急対応をしたいのですが、どのような手順を踏めばよろしいでしょうか。

まずご連絡いただいた際に、どのような指導を受けたかなど具体的なことがわかる範囲でお教えください。
それに応じてできるだけ詳しい案内をさせていただきます。
オーナー様に安心していただけるよう、迅速に対応致します。

最近、共同住宅のオーナーになりました。
消防設備の保守点検はきちんとした業者に任せたいのですが、やはり費用が高くなりますか。

設備の内容を調査してご要望に応じて適切なお見積もりを出させていただきます。
当社は創業35年の実績があります。安心してご相談ください。

消火器が古く交換をしようと思っています。消火器の引き取り手順を教えてください。

消火器の廃棄は産業廃棄物処理法に基づいて適切に行うように求められております。
当社にお持ちいただくか、ご一報いただければ引き取りなど一番適切な処分方法をご提案いたします。
また、弊社で消火器を販売しております。スタッフがアドバイスしますので適切な消火器をお買い求めいただけます。

保守点検の対応エリアはどのあたりまでですか。

ご要望があれば、可能な限り対応いたします。

年2回の消防設備点検は必ず受けなければなりませんか。
周りで定期的に受けている人がいないので点検しなくていいかなと思うときもあります。

消防法では年2回(総合点検と機器点検)の点検が義務付けられております。特に特定用途(人が多く出入りする建物)は厳しく指導がなされております。安心・安全のためにはキメの細かい対応が必要ですし、またコストの面でも不備な設備があれば少しずつ手入れしていくことでかえってコストも抑えられます。
年2回の消防設備点検は、オーナー様ご自身と周囲の皆様のためにきちんと受けることをお勧めしております。

小さな店舗を経営しています。消防訓練の実施がないと消防査察で言われました。
一人での消防訓練も行っていただけますか。

建物の大小にかかわらず対応しております。まずはお気軽にご相談ください。(^^)